買い物嫌いの家族の付き添い:和やかに進めるためのコツ

おしゃれはそれなりにしたい。

でもショッピングが苦手!というご家族がいらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

今日はそんな方のために「相手が疲れる前に、上手に買い物を終わらせる方法」をお伝えいたしますね♪
ひょっとしたら買い物が嫌いあなたご自身の役にも立つかもしれません^^

お店がニガテ!買い物を早く済ませたい!

おしゃれはしたいんだけど、色々選んでいるとすぐに疲れちゃうしイライラしてくる!いっぱい目に入って来て頭がちかちかする!

私の夫、元々はショッピング行くのが大の苦手なんです。

旦那さんのためなのに、旦那さんがふてくされちゃう。
旦那さんも自分のためだって分かっているから頑張るんだけど、それが余計疲れちゃう。
矛盾してますが、疲れるもんは、仕方ない!

 

基本的には、こんな感じでした(^^;)

なのでいつも、旦那さんが疲れる前に、目的が達成できるように、お買い物は「テーマ」を決めていっていました。

何を買うかを明確に

男性や買い物がキライなお子さんなどは、目的があるとゴールを設定しやすいので、何を選んでいるのか、次に何を見るのかを明確にすると上手くいくのではないでしょうか?

  • 今日はコレコレに合いそうは××を見てみない?
    (例:手持ちのデニムに合うトップスを見ない?シャツかカットソーはどう

など、具体的な提案をするといいのかな~と思います。

帰りにスイーツを食べて帰ろう!などのご褒美もいいですよね^^

そんな夫と横浜そごうのブルックスブラザーズへ行きました。

なんとなくお店をぶらぶらするのが私の夫はストレスなので、「このシャツに合うネクタイを見るよ」という目的を作ります。

選ぶ手間を避けるため、シャツを数点持参していきます。

IMG_5501.jpg

店員さんと相談しながらコーディネートを作っていくと・・・

段々夫のテンションが上がっていきました。

「確かに、ネクタイとシャツを合わせていくのは楽しいね。」

楽しさを感じていければ、いずれお買い物が好きになれるはず!

その後の変化

夫の生徒さんが、「先生よくブルックス着てらっしゃりますよね」とふと声をかけてくださりました。

それを夫に話すと、びっくりしていました。

そこですかさず私は「見ている人は見ているんだね」^^♪ とたたみ掛けました(笑)。

夫は「ほんとうだね~~~」と喜び、そういうことが本人には励みになったりしますね。

誉められて伸びるタイプは、すかさず褒めるといいですね。(笑)

ご家族のお買い物がはかどりますように!

もし診断を受けてもオシャレになれてない!と
思っているなら

無料のこちらをどうぞ