美容師さんにオーダーを却下された時にできること

美容院に関するお悩みをなくしてヘアスタイルを楽しもう

美容院との付き合い方で良くあるお悩み。

それは

美容師さんにオーダーを却下された❗

できないといわれた❗で、自分のしたいヘアスタイルを諦めざるをえない、というお悩み。

どんな解決策があるでしょう❤

「前髪を作りたい」「パーマをかけたい」など美容師さんに相談したら却下された。

大崎の答え

美容師さんのNOは、その美容師さんがなんらかの理由でやりたくない/若しくはできないと感じていることがとっても多いです。

「あなたには○○だから似合わない」「これはあなたの髪質ではむずかしい」

私も言われた経験があります。

確かに人は、自分と正反対の顔つきや、髪質に人は誰しも憧れを持つものです。

外人さんの髪質でないとできないヘアスタイルや、顔の形で全く同じようにすると、あなたが見た目でソンをしてしまうものは、確かにあります。

でも、よい技術を持っている最高の美容師さんて、どこに行ってもダメだと言われたヘアスタイルでも、問題なく作ってくれるのです。

あなたはまだ、それを体験していないから、ピンとこないかもしれないけど…✨

実は、できる美容師さんはネガティブワードはほとんど言いません。

今回は髪の長さがないから無理とか、

前回のパーマが残ってるからそれが取れてから、ということはあるかもしれないけど。

むり、と言わない美容師さんを見つけましょう。

美容師さんの仕事ぶりを観察しましょう。

★「できない」と言い、さらに守りに入った消極的な(無難な)提案をしてくるか?
★「代わりにこういうふうにしたらどう?」と斜め上を行く提案ができるか?

「なるほど、その手があったか!」なのか「それなら私も想像つくよ」なのか。

本当にそこの美容院に任せられるのかな?

妥協せず、ちゃんと吟味してくださいね!

おまかせします、であとは雑誌を読んでいる、ではなく、鏡越しの仕事を観察してみてね。

やりたいヘアスタイルを諦める必要はありません。

なりたいヘアスタイルにあなたを似合わせられる技術を持った美容院をご紹介しています。

どうぞこちらからご覧くださいね↓

ヘアスタイルアドバイス&下北沢美容院紹介

もし診断を受けてもオシャレになれてない!と
思っているなら

無料のこちらをどうぞ