セミナー開催日はこちらをクリック

眉毛の左右差をなくす方法(過去記事紹介)

2013年11月19日の記事をご紹介いたします。

86.jpg87.jpg

2013年11月19日 レッスン時ベースメイクをした状態
IMG_5561.jpg
眉メイクを行った後
IMG_5579.jpg

おとなしそうに見られてしまう。仕事場で少し舐められてしまう気がする。印象が薄い

と感じて、おいでくださりました。
掲載のご承諾もありがとうございます。^^

彼女は、クマケシがテーマでして、その模様は
クマ消しが地味脱出の鍵だったに書いておりますのでお読みくださいませ。

ベースメイク終了後、特にお困りの眉毛メイクをいたしました。

眉毛は細いと“はかなげ”な印象を人に与えます。
その細さ=女性的とされた時代もありましたが、今は眉毛の太さを活かしたメイクが主流ですね。

Tちゃんの元の眉毛は誇張するとこのような形でした。
89.jpg
IMG_5561.jpg
向かって右側の眉毛は眉頭に角度があるのですが、左側の眉毛は比較的上目になだらか。
向かって右側の眉毛の方が鋭角な眉毛で、眉山の位置も、左右で違っていました。

左右で高さのちがう眉毛の修正方法はいくつかりますが、どちらかに合わせるのではなくお互いが歩み寄るとよいですし、Tちゃんの場合は全体的に太くする必要があったのでどんどん書き足していきましたよ。
88.jpg
赤い部分が描いたところです。

上にある眉毛は、下をいっぱい描く。
下にある眉毛は、主に上を足していく。すると左右差が緩和されますね。

IMG_5579.jpg

どうしても眉メイク前と後では「表情が優しげじゃない??」と思いますが、これは眉毛メイクのなせる業なのです。
メイクしている間に心が柔和になったのではないのです^^

でも、そうなのかと思わせるほど表情が違って見えますよね~~~。

86.jpg87.jpg

目と眉毛が離れていると人が良さそう/まぬけそうに見えますので、
そこが「隙」となって人に突っ込まれやすくなります。
アイラインもしっかりめに入れたので、黒目がちになりました。
まつげメイクはできなかったのが悔やまれますが、今ごとドイツでくるんくるん眉毛をカールしまくっていることでしょう★★★

レッスン後、ノーメークの人が多いドイツで、ただ一人メイクを頑張っていると話してくれました。
特に、コンシーラーで目のまわりのくすみが消えるとビックリするくらい顔が違う!!
いうことにお気づきになったそうですよ。^^

色も、無難な色を着ているなら似合う色を着たほうがいいです。が!
人が一番変わるのはメイクであり、髪型ですね。

髪の毛は、自分で切ることはできないので、自分で出来ることとしたらメイクということになりますね。

自信を持った表情ができるように、メイクをがんばっていきましょうね!

お読みくださりありがとうございました!

同じタグの記事

ご予約は
こちら
ご予約は
こちら