鮮やかさがキーワードの方☆

【ビフォー】普段の状態 色⚪︎ 形 △ → 【アフター】レッスン後 色△ 形 ⚪︎ (32才・ユニセフ勤務)
579015_10153384397955436_17_20140124160040d0d.jpg

こんにちは。横浜・関内であなたに似合うものを見つける大崎まりあです。

はちきれんばかりの笑顔が本当に美しいKちゃんが、アフリカは南スーダンから、
はるばる診断を受けに来てくださりました。
Kちゃんは私の旧友です♪

12月27日のレッスン(カラー・メイク・骨格診断)の模様をお伝えいたします。
Kちゃん、掲載のご協力本当にありがとうね!

579015_10153384397955436_17.jpg

正に「健康美」という言葉がぴったりの、見ての通り、ビビッドな色が本当に映えるお方です。
これはパリでの一枚だそうですが、背景の色とストールの色が似合う~~~♪♪

ご本人も、派手な色が似合うということは薄々分かっているでしょう。
しかし、「どんな」ビビッドな色が似合うのか?ここが分かる必要があります。
その傾向を学ぶのがパーソナルカラー診断ですね。

では見ていきましょう~

【ブルーパステル】薄い水色はかわいい感じ→【イエローパステル】薄めの黄緑色はかわいくて元気な感じ→【イエロービビッド】ピンクオレンジはすごーく素敵な感じ→
IMG_5798.jpgIMG_5800.jpgIMG_5803.jpg
【イエローダーク】薄いカーキはしぶい感じ→【ブルービビッド】ロイヤルブルーは悪くない感じ
IMG_5801.jpgIMG_5804.jpg

鮮やかさが増せばますほど、お似合いになるお方♪
ヴィヴィッドカラーはお得意ですが、特にイエローベースのビビッドカラーが、
ご自身の個性である“血色感”が引き立ち、充実感やイケテル感が増しました。
一部、イエローダークの渋いカッコいい色もお似合いになりましたよ。

なので、「イエローベースのヴィヴィッドってどんな色?」というのを一緒に見ていきました。
20140125100148e5f.jpg

例えば、真っ青は、こんなターコイズブルーのビビッドな色が断然お似合いです、と。
ロイヤルブルーが、その方にとっての「真っ青」になる場合もあります(北国の海の色)が、
Kちゃんの「真っ青」は、この地中海の海のような色なんですね。

そしてKちゃんのお悩みが

1521904_483517035091341_925569556_n.jpg

“落ち着いていて仕事ができるイメージ”がキーワード。

外国ではただでさえ若くみられる日本人ですが、
仕事となると、それがプラスにばかり影響するのではないのですよね。

どうやったら、相手が自分を尊重しだすか?といいますと、
「ちゃんと『自分はこういう人物である』と主張できるかどうか」だと思います。
それは、ガツガツ行くということでは必ずしもなく、『非言語レベル』の領域のこともとても影響しています。

つまり、印象ですね。

「あ・・・この子はそれなりに、ポリシーがあるんだな。」ということが、イメージとなって相手に伝わること。

「私はこういうヤツなんで。そこんとこよろしく」

これが大事なんですね。それには、「自分もOK.相手もOK.」という心境も不可欠です。
その心境をサポートするような外見作りを、おしゃれ迷子診断所ではしておりますよ。

話の内容と、お顔の印象は、合っていたほうがいいです。
主張に「説得力」が出るからです。

なので、お顔に「説得力」を持たせることをテーマにメイクいたしました。

もし診断を受けてもオシャレになれてない!と
思っているなら

無料のこちらをどうぞ