コンサル&セミナ―空き状況はこちら

美容院で肩こり腰痛

美容院は、髪をデザインしてもらうところです。

美容師さんがいなければ、私たちは顔周りの美しさを表現することができません。

メイクも、服選びも、全て自分でやることなのに、
ことヘアスタイルに限っては、完全に他人に依存しなければならない。

しかも、その他人とのコミュニケーションがなかなか上手く行かない。

・・・そこにヘアースタイルのジレンマが潜んでいるといえるでしょうね。

美容院苦手シリーズ書いてまいりました。

中には、単純に「肉体的に美容院がしんどい」という方もおいでと思います。

今日はカラダと美容院についてお送りいたしますね。

さて、またまた私事ですが、

【空間、状況に反応しすぎる私は、“美容院”という場所がそもそも苦痛でした】

肩こり・腰痛もちの方も同じ理由で美容院がしんどいと思います↑

とにかくまず、体がしんどいのです。
2時間も3時間もひたすら座り続けて、他人に頭の向きをぐいぐい変えられるたびに首がぐきっとする。
しかも椅子が合わない…

マッサージなんていらないからー!ますます凝るからーーー!なんて方もいるのでは?

大きなBGMを長時間聞くこともしんどい。

それから、鏡の前でずーっと座っている緊張感もありますね。

美容師さん、他の美容師さんの様子まで気になる。気を張っていなくちゃ、という感じ。

更に鏡の前で目のやりどころに困る、なんて方もいらっしゃると思います。

さて、こういった「身体的・精神的な苦痛」って、おしゃれかどうかってこととは、
まったく関係なく存在するクセです。

気持ちの方は、美容師さんと安心して共感し合える仲になれる工夫で馴染んでまいりましたが、
最後までカラダの苦痛はぬぐえませんでした。

やっと「ぬぐえたな!」って思えたのは、つい一週間前ですよ(笑)。

ロルフィングっていう筋膜をリリースするボディーワークのレッスンたった1回分

が、ワタシの長年の美容院の身体的苦痛を全部、とってくれちゃいました。
たった一回、14500でその後ずっと快適。

でも、その一回を受けるのはなかなか遠い道のりでしたよ。
しかも、美容院の苦痛を緩和できるとは知らずに受けましたしね。

何がどう役立つかまったくわかりませんね。それが人生のおもしろさですね。

さあ、美容院の「苦手」を克服できた私は、いよいよ重い腰を上げて、
「ここでなければ」だった美容院から巣立つ時が来たみたいです。

ヒトって、「これじゃなきゃ」が少ないほうが楽しい時間を過ごせます。

今の美容院に行って「も」いい。

別のところに行って「も」いい。

ヘンな頭になって「も」いい。

無難になって「も」いい。

快適な美容院ライフを送るために、私が皆さんに一つだけお伝えできることは、

美容師という仕事をしてる一人の人という意識を持つってことかな。
「その人」と「どうしたいか」を話し合う。
「わたしに何が似合うとは思う?」「ここの髪ってなぜこうなっちゃうの?」

二人で髪型を一緒に作り上げるという意識を持ち、髪型形成に参加する。

ってことかな。

私も日々、精進です!

同じタグの記事

ご予約は
こちら
ご予約は
こちら