シミを消さずにシミがなくなる方法

こんにちは。大崎まりあです。
bba0c4bc.jpg

(イメージ画像)

昨日はメイクレッスンを執り行いました。アラフォー女子のためのメイク術、お教えしてまいりました。
いらしてくださったYさん、Nさんありがとうございました*^^*

Yさんは、次男さんの卒業式があるので「シミを消したい」とメイクレッスンを受講くださり。
このように「いついつまでにキレイになりたい」という目的があると、人ってすごくスキルアップいたしますね。

皆様、メイク時にさまざまなお悩みをお持ちです。
実際にメイクしているところを見せていただくと、間違ったやり方でしていらっしゃいます。

「その方法では何回やっても、失敗するね」

という方法なのです。

メイクって、品番が分かってもきれいにはなれませんよ。

みなさまはいかがでしょうか?

それからシミをどうやって消すか・・・?みなさんご存知ですか?

コンシーラーで隠す?チークで隠す??

実は、「シミ」を消す作業は一切いたしません。でも、シミは消えます/気にならなくなります。

どうやるか?

うふふ。^^

それは、実際にはレッスンでお教えいたしますが、
簡単にいうとベースメイクをとにかく丁寧に行うこと。

「丁寧に行う」と聞いてもピンと来ない方が多いと思います。丁寧にやってるわよ!という方もいらっしゃるかも。

「丁寧」というのはどのくらい?なにを持って「丁寧」???

実際に自分で実感してみることで、腑に落とすことができますね。

「なるほど。これが丁寧に塗るということなのか。」
「なるほど。これだけ丁寧に塗るから、私の顔もこんなに整って見えるのか。」

感覚として実感いただく

するとそれを再現できるような土台が出来上がります。

(あとはご本人の練習あるのみです)

自分の肌のキメや弱点を確実に捉え、確実に肌質をレベルアップさせる。
そのためにどう塗るか、どの程度塗るのか。
ミクロの観察と客観性が問われます。

もうお一方のNさまは、アイメイクお上手。
とても意欲的にレッスンを受けてくださりました。
が、「自分の顔はどちらかというと見たくない方^^;」との談。

ご自身のお顔にこれまで興味を持たれてこなかった方とは、お顔の分析からスタートいたします。
ご本人の実感としては、「そんなもんかなあ~」「言われてみればそうなのかな~」という所からのスタートです。

自分の顔を繊細に把握することには慣れていません。
もっとも細かいものであり、もっとも「どうでもいいもの」であったりするもの、それが自分の顔なのですから。

(眉毛を一本抜いても印象が変わる。眉毛を1ミリ描き変えても形が変わる、という世界です)

まずはその「ミクロの物差しで見る」ということを習慣化していただきたいと考えています。
「冷静な分析眼」を育てることも必要です。

“その視点”を育てられることが、プロから習うレッスンの一番の収穫かと思います。

メイクレッスンを受けたい方が今から出来ること。

ご自身のお顔を毎日よく観察する。

あ、だめですよ「あ~~こここんなにシミがあってやだーーー」とかジャッジしてしまうの。
思考はストップです。

「見て、ありのままを感じること。」

まずはそこからやっていきましょうね。

メイクスキルが既にある方には縦割りメイクもお教えしていますよ。^^

縦割りが出来るようになると、エステに行かずともリフトアップを実現させることができます♪

メイクレッスンは、おしゃまご診断所のいずれかの診断を受けた方でしたら受けていただけますよ。

もし診断を受けてもオシャレになれてない!と
思っているなら

無料のこちらをどうぞ