買い物は戦略を練って

今日は横浜に繰り出しましたが、増税前で嵐にも関わらずすごい人出でした。

こんにちは。横浜・関内であなたに似合うものを見つける大崎まりあです。

本日は、ルミネをあらかた見て回り、ストライプのタイトスカートを二枚、籠バッグを買いました。
昨日見て気になった唇モチーフのカーディガンも買いましたよ。

こんな感じ。

20140331003623e04.jpg

今日の買い物、年末の雨アメ横か!という喧騒でしたが、まったく疲れず買い物できました。
買うものが家を出る前に決まっていたからね。

【買い物の仕方は、こうです。】

ただひたすら、これを探す↓

膝上の、
ストレッチの、
ポッケもなにもついてない

グレーと黒以外の、たぶん、今はしましましか売ってないから、その

タイトスカート。

これを探すだけだから、だから、どんなに混んでても疲れません(^O^)

買い物で疲れるのは、

なにを買うか、
なにと合わせるか、
いつ着る服なのか、
値段、

それに体力と集中力、時間

これをいっぺんにやらなくちゃいけないから。

探すものが決まっていると、八百屋さんと同じ感覚です。

「ブロッコリーありますか?」の要領で、
店員さんに、上の条件を言って品物を出してもらって、私はジャッジするだけ。

探し回るのがまた、疲れるからね。

自分の欲しいもの以外には一切興味を持たない、

そんなお店の使い方もあるわけです。

私は、生地の厚み、丈、シルエット(どこにタックやゆとりを持たせているか)を見るだけで、
自分のボディに合うか合わないかわかるので、買い物はとても早いです^ ^

ルミネの主要なお店を大体見て回って、一時間くらいですかね。

心底ぴったり!ぜひ買おう!!なんていうスカートは、たったの一着でしたよ。

ところで昨日は、ジョイナスにタイトを探しに行きました。
しかし、どのスカートも末広がりで、タイトは一枚も見つかりませんでした。

しかし本日ルミネに行ったら、タイトスカートいっぱいありました。

よく考えてみたら、ジョイナスはターゲットが20代前半まで。
それも、割とフツーを目指している若者。

ルミネは30代もカバーしてきますね。

時は春。春は、若い人はフワフワっとしたスカートが履きたくなるもの。
似合っても、似合わなくても。^ ^

オトナは、似合うものだけを賢く買うと、あとあとラクできると思っています。
装いは、潔く。そして、それを着て安心して自分のやりたいことをし、振る舞いたいように振る舞う。

あなたの言動の自然な動線を、そっと後押ししてくれるのが、似合うものの本当の存在理由なんですね〜。

春夏は、濁らない色の全盛期です。

それらは日本人の多くに、似合いやすい色です。
今までと違う選択をして行きましょう!

おしゃまご診断所でした☆

P1140425.jpg

02_20131107002841f65.jpg