2019年末をもって全てのセミナー&単発レッスンが終了しました。

ボタンを留めないスタイルが似合わない夫の紹介

●ボタンを留めないスタイルが似合わない夫の紹介

先ほどの記事:同性の店員さんのアドバイスで自信持てる
でご紹介した夫の「シャツの一番上のボタンを留めるのが似合う」ですが、ではそうしないとどうに合わないか、体型と共にお見せしますので参考にしてみてね。

3年前の夫ですが、そもそもこんなに華奢なのです↓
431691_289394781170235_1201969180_n.jpg

ボタン留めてても、開けてるように見えるくらい襟ぐりが開いているのがわかります。

首が長い&太い(特につけ根)なので、開けるとこんなに似合わない。
385446_263890860387294_1699039590_n.jpg

Tシャツ一枚でというのが最も似合わないファッションの一つなんです。

P1140419_20150410214930f53.jpg

これはどうしてこうなのかというと、もう一つ理由があって、管楽器奏者なのと元々の遺伝的要素から、胸囲が身長と比べて驚異的に大きいのですね(胸囲なだけに・・・スイマセン)。
胸囲に合わせてサイズを選ぶと、ワンサイズ大きい服となっていた=襟ぐりが広かった、ということも関係していました。
Mでよいところ、Lを着ていたのです。

で、こういう柄シャツをぴちっと着るのが一番スタイルアップするんですね↓
20141107013959276.jpg
20141107013957cdb.jpg

20141223151958067.jpg

チェックのサイズは小さ目(ギンガム)~中くらいめ。大柄はちょっと負けてしまう。

一番上のボタンをはずして着ていますが、ロルフィング後、骨格が整ってスマートになりつつも、必要な筋肉&お肉が付いて体格よくなったので、ジャストサイズで服が着られるようになったんです。
それで、一番上のボタンを外しても崩れないシャツを買えるようになってきました。

とはいっても、もともと上半身が華奢なタイプ(Aタイプです)で、かつ首が長くつけ根が太いので、基本は変わらずぴちっと留めるのが似合うのです。

また、本人の持つ「いい子ちゃん」なイメージも関係しているでしょうね。
アメリカの全寮制の学校の生徒みたいな、朴訥(ぼくとつ)としたイメージですね。
紺ブレ紋章付き、チェックのパンツにセーター、ローファーみたいなのが一番ハマるんですよね(笑)。

若干最近は私の影響か?モダンになってきました??

ということで、結論。

ボタンをまず全部上まで留めて着て見ることで、問題が解決することもある。

↓励みになるので拍手おしてね!↓

もし診断を受けてもオシャレになれてない!と
思っているなら

無料のこちらをどうぞ