コースはすべて満席となっております。募集再開はメルマガで!

絶対に失敗しない買い物の方法

●絶対に失敗しない買い物の方法

これ、あるんです。

それは、下調べと熟知してから買う、ですね。

みなさん、大きな買い物はちゃんと調べて、よく品物を見てから買うと思うんですよ。
買う時には、かなりその品物と慣れ合っていて、家に連れて来た時にはもう「道具」として見ている状態。

夢を見ながらお店に来た時期を過ぎて、現実的に「そのモノ」と向き合っている状態です。

【写真を撮る意味】

で、ファッションというドリーミーな分野で現実的になる方法というのが写真を撮る、です。

その時店頭で試して見た時と、家に帰って冷静にそれを見たときでは必ずと言っていいほど印象が違います。
とても参考になります。
周りの人に写真を見せて相談することもできます。

私は、最近は写真を撮らないで品物を選ぶことがほとんどなくなりました。
写真がないと、結局頭の中のイメージで想像するしかないからです。

そして、私の場合はですが、イメージは、勝手に「良く」補正してしまっているのですね・・・

補正されていると、ウキウキ購入して、いざ家で着て見るとがっかりすることになるのでね。

お店で買う前に、100%その品物のことを理解した状態で、買った後は完全に「自分の道具」として冷静に使う・・・

そういった「夢のない買い物の仕方」が定着してまいりました。

たぶん、多くの方がこの方法を知ったらショッピングが嫌いになってしまうと思います。
なぜならば、ショッピングが発散の手段となっている人にとって、この作業は決して楽しいものではないから。

ショッピングの概念が変わってしまうほど、地道な作業に感じると思います。

かなり大変です。
夢がない買い物って・・・自分でも「よくやるな~」って思いますよ。

大工さんがホームセンターで資材を買うのと同じなんです。

「完成図があり、そのためには何がいくつ必要か?」家を建てることには夢がいっぱい詰まっていますが、立てる現場の人は現実に即して作業を重ねてますよね。

↑そういった、作業に落とし込まないと、夢を見ている状態では的確な判断はできない

「買い物へ行く前に、自分のワードローブをチェックしましょう」など、よく言われていますが、それも同じですよね。
チェックって、現実を見るってことですもんね。

現実を見続けていくと、買い物に失敗しなくなり、オシャレが完成されていく、私はそう捉えています。

時間がかかります。
でも、時間がなくて慌てて買うと失敗する可能性あります・・・

【あなただったらどっちを選びますか?ということなんです】

・色々探し回って、迷って疲れて、変なものを買ってしまう危険性/何も収穫がない可能性

・いちいち写真撮って面倒くさい、店員さんに頼むのも申し訳ないし、疲れることには変わりがないが、落ち着いて後で考えて買えるので衝動買いのリスクが減る

私は、ルンルンと散財しないための防御装置として、後者を選びました。

まあそんなわけで、新しい買い方の方法として取り入れてみてはいかがでしょう~~~

「客観的に見てみたいので」「鏡で見ててもよくわからないので」と言えば、大概OKしてもらえますよ。

↓励みにしますので拍手を押してね~↓

もし診断を受けてもオシャレになれてない!と
思っているなら

無料のこちらをどうぞ