セミナー開催日はこちらをクリック

店員さんと目が合ったがためにお店に入れない・・・??の対処法

●店員さんと目が合ったがためにお店に入れない・・・??の対処法

昨日は、珍しくプランタン銀座の地下のイートインなどという場所で、パスタを食べました。
石川産真あじと枝豆、細かく切った青梗菜、ズッキーニのトマトソースでしたが、トマトソースをフレッシュトマトに変えていただいて。

たっぷりだったので、げっふりいただきました。
魚&野菜&パスタの組み合わせは失敗がない。よく煽ってあって、とてもおいしかったです。

参考記事:
プランタン銀座の「D’ORO(ドーロ)」でゴッドファーザー気分?シチリア島伝統菓子「カンノーロ」
(このカンノーロってお菓子大好物です^^)
D’ORO ドーロ(銀座3丁目 プランタン銀座)

イートインで1080円~1400円くらい。ゆっくりはできなかったり、隣や店員と席が近いから、時間帯外して行った方がいいけど、その代り通しでやってるみたいだし、銀座でこれくらいのおいしいごはんが食べれるなら私はアリでした。

・・・・

さて、

「一人ごはんで、さっとカウンターに座って食事をする」ってちょっと勇気が要って今までの私だったらカウンセリング後じゃないとできませんでした。

ショッピングでもそうですが・・・お店の存在に気づいたときに、お客待ちの店員さんと目が合ったりなんかしてしまうと、それ以上そこと関わることが困難になることってありますよね…

誰にでも、店員さんとの「なんかやだな」っていう距離感ってあると思うのです。
本当はもっと見たいのだけど・・・という。難しいですね。

で、昨日は私も例に漏れず、なんとなく気おくれしたので一度プランタン銀座を後にして別のお店を見ていたのですが、その後どーしてもお腹が空いたので、一か八かで来店したのでした。

「一度こちらの存在に気づかれているだけに、行ってもし、『パスタはランチだけなんです~』って言われたらどうしよう、恥ずかしい」
などと考えましたが、まあそんな恥ずかしさも一瞬だけだな、と思い直したりして。

冷静に考えてみれば、お店の方としては、「せっかく来てくれたのに申し訳ない!」以外に思うことは特にないんじゃないかな~と。

「やだ、あの人卑しい」なんて天地がひっくり返っても思わないよね・・・^^;

そういった自意識過剰さが邪魔をしてショッピングに行けない、お店に入れない、試着ができない、という方が意外と多いようなので、私の場合をご披露しました☆

↓自意識過剰な思考は、過去の記憶に囚われているだけなんだよね~~拍手を押してね↓

ご予約は
こちら
ご予約は
こちら