私がおススメするファッション指南書はこれだ!

IMG_20151011_210000

【お知らせ】
この度、ブログタイトルを“おしゃれ迷子診断所”から“おしゃれ迷子「相談所」”に変更いたしました。
今後は診断ではなく、皆さまのおしゃれの悩み相談に的を絞って活動するからです。

ここでもう一度申し上げておきますね。わたしのレッスンは、「診断」はいたしません。
「本当にストレートでしょうか?ブルーベースでしょうか」とか、気になる方は4分類の診断を受け直してね。

また、わかりやすい場所に明記しておこうと思いますが、取り急ぎお伝えいたしました。

 

おしゃれに悩むなら本を買え

 

おしゃれになる方法って、世の中に情報だけはいっぱいあるんですよね。ただ、それらの取り入れ方がわからないから困るのです。

おしゃれに悩んでいる方に限ってこういう状況なんです:

  1. ファッション誌は全然読まない。
  2. スタイリング指南書なんて手に取ったこともない。

「そりゃ、情報を取り入れてないんだからわかるわけねーべ」と思うのです(笑)。
苦手と感じる余り避ける、って場合もあると思うのですがね。

ブックオフ伊勢佐木モール店に行きましたら、ものすごく沢山のおしゃれ指南書が売られていました。

皆さんはスタイリングのコツなどを図解した本て、手に取られたことありますか?

もしないのでしたら、自分に合いそうなものを買って熟読していただきたいですね~。
「着るものが分からない」と嘆いている間に、できることはあると思うのですよ~。

今日は、そんなブックオフで見つけた本の中で、特に使えそうな本のご紹介をしたいと思います。


指南書の使い方

 

コーディネートブックは、着こなしの全体像が端的にまとめられているので、雑誌などと比べても非常に頭に入りやすい構造になっていると思います。

しかし欠点もありますね。

どの本も共通して言えることですが、全てのスタイリングは骨格診断のタイプがごちゃまぜに提案されているから、「どれが自分に当てはまるのか」が分からないんです。

でも現実を考えると、こうです。
診断を受けて自分のタイプが分かった後に、何ができるかというと、スタイリングブックに書いてある「おしゃれの着こなし」のマネをして、何かをつかんでいくってことなんですよ。

それに、私がいつもブログで提案している「着方のコツ」とかも、全てこの本のどこかに載っているようなことばかりですよ?

だから、必要なことは、「この中のどれが自分に活かせるのか」を知るってことなんです。
あとは、「それをどのように、どこから取り入れられそうか」考えて行くてこと。
それが、私がレッスンでお一人お一人に提案してることなんですね。

おしゃれ指南書の賢い使い方は、文末に紹介してあるので、最後までぜひお読みくださいね。

でね、こういった本を自分に活かせる/活かせないは一旦横に置いといて、単に「オシャレに見せるために必要な工夫のあれこれ」を知っておくって、とても大事なことです。
「初めて聞くこと」っていうのと、「なんとなく本で読んだような気がすること」って、全然頭への入り方が違いますからね。
ですから「どこをどう取り入れていいのかわかんないけど」おもしろそうと感じたのならば、予習として読んでおくことはとても良いことですよ。

 

ぽっちゃりさん&低身長さんにおススメのファッションルール本

※思わず店頭にて写メを撮って来てしまいましたが、掲載の書籍は全て購入しました。
IMG_20151011_210000

同じシリーズの二冊でした。中はステキな、それでいて分かりやすいイラストで全て書き表してあって、非常に分かりやすくまとまっていました。

私はスタイリストの作ったおしゃれ指南書ってちょっと見にくいかなって感じています。
まず、そのスタイリストさんの個が結構全面に出ていて、どこをどう取り入れて良いか判然としない点が一つ。
もう一つは、服の実物が画像で載っているのですが、それが逆に具体性を強め、応用し難しい、分かりにくいと感じさせる点。

なんでしょう、イラストの方が、そして(失礼ながら)「誰さん、ということが全面に出ていないオシャレ指南書」の方がすっと入ってくる読みやすさがあるのです。

こちらはぽっちゃりめの方の着こなし・・・なのですが、イラストも提案も、とてもかわいいです。

特に私がいいな、と感じたのは、「外人の着こなしを参考にしよう」というコーナー。
ふくよか&体格の良い外国人女性の自信に満ちた、女性であることを全面に活かした着こなしスタイルってとても参考になります。
それに、日本人女性、いい加減「和服思考」から抜け出してほしいな、と願っているので、とてもいい観点だな~と思いました。ザラやH&Mの服もこれを読んだら取り入れやすそうです!


背が低めの人の本ってちらほらあるんだと思うのですが、やはりこちらも図解がかわいくて、思わず見とれてしまう感じでした。
中々一般の方には「これは私が取り入れられる着こなしタイプだわ。こっちはやめといた方がいいわね」と分からないと思うのですが、ぜひ熟読していただき、私のレッスンで質問をぶつけてくれたら、レッスンが捗るなあって感じました。
参考書として採用してもいいくらい、為になる本です。とてもおススメです。

 

イラストレーターさんの作ったスタイルブック

IMG_20151011_210026

ここのページから本の中身が見られます

とにかくイラストがキレイです。
やっぱりイラストって、どのブランドのかってこととかが書いてないから、ビジュアルブックとして楽しめるところが良いなあ~って感じました。
中には少し複雑なスタイリングもありますが、アイディアとして知っておくには過不足ない内容だと思います。

 

おしゃれ指南書の本当に賢い使い方

やはり、これを買って眺めるのは楽しいと感じながらも、実際、自分に取り入れるとなると、「どこから手を付けたものか」とハードル高く感じる方がいるような気がしています。

ですが、これだけ詳しく、丁寧にスタイリングのあれこれが一冊に紹介されているなんて、とんでもなく親切な本だと私は感じます。
取り入れる方法さえつかむことができれば、いいのではないでしょうか!!

雑誌は、やっぱりちょっと見にくかったり、流行一辺倒なので自分のワードローブとは合わない部分が出て来てしまいます。

が、このようなイラストブックだと現実感があります。
で、「この着こなしの中の、どれかは自分に活かせる提案」「どれかは絶対やっちゃダメな提案」であることは間違いないわけですね。

それを知る、ということも、大事なおしゃれの第一歩になるわけです。

そこで、これらの本に興味を持ったあなた。ぜひ熟読して、レッスンに来て感じた疑問を私にぶつけてください。

好きな感じ・疑問に感じたスタイリングにマルをつけて見せてくだされば、どれが良いか、どこがあなたに合わないかを一緒に考えることができます。
そうやって、一つずつ、例を挙げながら学んでいくと、新しい基準が自分の中で生まれてくるのだと思いますよ。

もし診断を受けてもオシャレになれてない!と
思っているなら

無料のこちらをどうぞ