コースはすべて満席となっております。募集再開はメルマガで!

私の休日散策ファッションー辛子色の鎌倉ファッションリポート

私の休日散策ファッションー鎌倉ファッションリポート
火曜日から三連休でしたので、夕方少しだけ鎌倉へ。
鎌倉散歩、最近のブームです

夕方の4時過ぎについて、裏道を散策しつつ八幡宮へ行きました。

おしゃれスナップ激写できたのでご紹介

 

    1. 辛子色で嫌らしくないペアルック

IMG_20151103_164848

彼氏の帽子、スニーカー、彼女のジャケット。
色でペアルックにする、しかも同じ帽子や靴は使わず、それぞれバラバラの部分で使っています。
そこが、嫌味がなくて上級者っぽいですよねー
更に他の部分も手抜かりなく、グラデーションカラーで合わせているところがすごいです。
彼ら、関東圏内の人間じゃなくて関西か東海なんじゃないの!?(笑)

 

辛子色は、ブルーベースの人だと場合によってはとてつもなくもっさくなりますが、お若いのだし、そんなこと以上におしゃれだからいいのです。
(まあでもきっと彼らはイエベなんだろう、きっと・・・)

辛子色って、誰もが「辛子色」というと一種類の色を想像できる珍しい色だなーと思います。
食べ物の色でもあるから、思い出しやすいですしね!

ロイヤルブルーとか、ショッキングピンクのように、色名が浸透している色ってありますよね。
でもロイヤルブルーといっても、少し紫がかった群青色もロイヤルブルーと思う人がいるでしょうし、ショッキングピンクといっても、濃いピンクって色々あるので、沢山並んでいたら選べない人がいるでしょう。

カーキ色ってのも、この間迷彩柄の時に触れましたけど色々ありますしね~。

その点、辛子色という色は、品物での色のブレが少なく、文具だろうとウールであろうと、同じ色が売られている印象があります。

だからトータルコーデがしやすいと言えます。
イエローベースの方は秋に取り入れると簡単にオシャレっぽくなれるので、おすすめ。

 

  • 朱赤のセーターとブラウンジャケットの男性
    IMG_20151103_164726-1
いかにも秋らしくて、でも全身ぴっちりキメキメではなく、自然体なところが好感を持てました。

 

日本人は黒紺グレーが大好きですが、ブラウンのジャケットを着ている所が上級者です。
靴もバックスキン・・・なんてステキ。
季節の素材を使う良いお手本ですね??(雨の日に履けないんだけどね)

IMG_20151103_164727-1

強いて言えば、シャツの形状記憶的な真っ白つるつる加減だけが少し浮くかな。
白シャツだけがバリバリブルーベースで、素材も合ってないかな。

アイロンが必要なコットンの、カジュアルなシャツだったら白でもだいぶマシになります。

ただし、彼がブルーベースの人ならば、シャツが真っ白「だから」着こなせてると言えます。
イエローベースの人なら、このシャツがもったいないんだなぁ。

 

  • さて、夫。
休日はこんな感じです。
IMG_20151103_164446-1
特に特筆すべきことなし。
このブルゾンは蝶ネクタイと少し余所行きに着るコーデもしています。
我ながら、ブルゾン一つでこれだけ表情を変えられていることに満足
もし診断を受けてもオシャレになれてない!と
思っているなら

無料のこちらをどうぞ