サイズ感に縛られない。大きなミニスカートを膝丈スカートとして履く冬

今日も訪問ありがとうございます。
おしゃれ迷子相談所の大崎まりあです。

【お買い物レッスンinみなとみらい】
日程:2015年11月11月28日(土)、12月12日(土)
時間:13時55分 ランドマークプラザ集合 14時スタート 15時半頃終了
定員:各3名まで
複数参加でキャッシュバックがあります。

先日の恰好をご紹介~~

IMG_20151107_175119

寒い頃だったので、ウールのスカートを履きました。

このスカートは、忘れもしない。3~4年前の初売りセールに新宿伊勢丹で買った5万円くらいするスカート。
IMG_20151107_175231

Bluegirlのものです。
IMG_20151107_175242

高価なだけあって、とてつもなく暖かいの!

痩せてから全然履かなくなり、泣きそうになっていましたが今年履いたらまたイイ感じ。

サイズが38とか40くらいで、バカでかいのです。

ミニスカートと比べると矢印薄ピンク

IMG_20151005_174103IMG_20151107_175119

すごいスタイルダウンしているのが分かるけど、これくらい許容しないと寒くてやってらんな~~~い

サイズが合ってる人が履くとひざ上タイト~セミタイトになるはずなのですが、私が履くと「プレーンな形のひざ丈スカート」になります。

 

カラダが小さいとジャストサイズのスカートが見つかりにくい・・・
お尻で合わせると丈が長いとか、どこかしら合わない部分が出てきます。

すると、大きな短めタイトスカートを、膝丈フレアースカートとして履くという荒手のテクニックが誕生するわけです。

ちょうどこれくらい広がらない、シンプルで厚手のスカートで、体型に合うものって探しても中々ないのです。

こういう、「全く別のコンセプトで作られた服を自分流に着る(着崩す)」テクニックの存在を一番最初に知ったのは、中学生の時に読んだマンガ。

たしかこれだった
i_wks_f160_prettygood
プリティ・グッド

「超・ファッションセンスのある中学生の女の子が、超おばさんハイブランドの服を自己流に、ベルトなど使って自分流に、まったく新しい服として着る」

というシーンがあって、それがカッコよくて、機会があれば挑戦していたのですが、それがいつしか自分の中のセオリーの一つとなりました。

あのころに出会ったマンガよ・・・ありがとう・・・

サイズ感ってオシャレがニガテな人は一番つまずく所だけど、 一番面白い所でもあります。
自分の感性で好きに着られるという面白さです。

コツは・・・なんだろう・・・「鏡をよく見る事」としか言えない・・・
しかしこれでは誰の為にもならないではないか

とにかく、サイズは捕らわれない、ということがコツかな!

こないだもレッスンしていて思ったんだけど、みんな探求心が続かないんだなって思うの。
すぐに諦めちゃう。
「なんとしてでも着てやるゾ!」「どうしても着たい!さあどうする!?」みたいなところが、ない。

・・・まあ、だからレッスンに来てくれるんだろうけどね。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
オーバーサイズをカッコよく着崩せるのは、なんといっても骨格タイプナチュラル(骨格診断4分類法でRタイプ)の方です。
おしゃれが好きで、興味がないと中々その骨格を活かそうとは、思わないと思うけどね・・・

IMG_20151107_175212

そして足元はこんな感じ

IMG_20151108_173823

お得意の、シマシマタイツです。
ネットショップで、雑貨屋さんで見つけて買ったんだけど、ドイツのタイツメーカーのもの。
(名前なんてんだっけ、忘れちゃった。よくあるやつ)
足の形に設計されているので履き心地が抜群です。
秋冬はデニムじゃ寒いので、下に好きなコットン~ウールタイツを履き込むおしゃれを楽しんでいます

タイツはやっぱり、紫やグリーンが使いやすい。黒にも茶色にもグレーにもベージュにも合うしね。

私がイエローベースだったら、今年はカーキ色のタイツを履きまくるなあ・・・

最後までお読みいただきありがとうございました~~

もし診断を受けてもオシャレになれてない!と
思っているなら

無料のこちらをどうぞ