口紅のご相談はお任せください。横浜へ下見に行きました。

そごうとマルイに下見に行ってきました。

最近、下見に行くことがよくありますよ。下見はすごく集中力がいるのですよね〜〜
4月から始める三回レッスンの第一回目は「色」がテーマで、パーソナルカラー診断を受けたことがない方にも受けていただける色のレッスンなのですが、どうやって色んな色を体験頂こうかなと、いろいろ売り場を見て回った結果、とても素晴らしい方法を見つけました(o^^o)。
診断ドレープがなくてもね、お店にいながら、色のレッスンができるの☆☆
これは、画期的だ。
そごうは良かったです色味が綺麗だった。
たしか、パーソナルカラーの簡易診断とかもやってた気がするから、その知識を使ってるんだね。
先日の銀座マルイも、横浜ルミネとか地下街とかもですが、自分のファッションの系統が違いすぎて周りとの温度差を感じるのです。
でも、そごうはカラーリングもデザインも質が良くて、若者の流行一辺倒ではない服に居場所を感じました。
伊勢丹もスキなはずなのですが、なんだかギラギラしてません??トレンド追わなきゃ!みたいな。最先端でいなきゃ!みたいな感じが、疲れるのですよねぇ。。
そごうの5号服売り場は、昔からソニア・リキエルが入っていて、綺麗な色の変わった服、質の良い服があるのが、個人的に穴場だと思ってます。
下見ついでに、ずっと行きたかったMACで、トレンディなマットの青みピンクの口紅を塗ってもらって気分が上がりました。
マックの口紅は、ない色はない、というくらいカラーリングが豊富です。
しっとりしていて、唇荒れません。

ブランドイメージで、良いとか悪いとか、私には合うとか合わないとか思い込まないでくださいね〜。

Macなら、必ず、あなたに似合う究極の一本が見つかりますよ。コレ!!という口紅お持っていると使い切ります。

これ以外はあり得ない!なリップは、完成度を何倍にも引き上げてくれますのでね。

おしゃれに自信が持てない最大の原因は、「似合う」というものが一体どういう状態を言うのか、知らずに生きている(そして知らぬまま一生を終える)ことにあると私は思っています。

100点の自分を知らないと、「私はこの程度」で頭打ちになったまま終わってしまいます。

でもなかには、劣等感があって、わざとあんまり似合わない外見をして安心感を得ているという場合もありますけどね。

この記事おすすめです
サヨナラ○○、サヨナラ嫌われないための人生。

デパートコスメの中から

「私に似合うこの逸本」

見立ててもらいたい方は、リピーター向けレッスンなどでお申し付けくださいね。

口紅一本から、世界がパカッと開かれることもあるんですよ。

(店員さんの相手も私がしますしね〜)

夫が泡立てすぎてボソボソになった生クリームで(汗)。

最近常備しているクレープです☆