ドットキュロットで、骨格ストレートのAラインコーデ

一変して暖かくなりました。

夏に有楽町の交通会館であったセールにて、
3000円で買ったエリオポールのキュロットを履きたかったので
コーディネートしました。

IMG_6406
買ったものの、手持ちと合わせるのが難しくて
なかなか履く機会がなくて…今回は、我ながら
上手く合わせられたと、自己満足♪(´ε` )

Aラインで広がっていて、上重心タイプの人間には
着太りしやすい形なので、短く履いて全体量(ボリューム)
を減らしています(ウエストを折っています)。

わたしのモットーは、“  いかに同じ組み合わせをしないか ” 。

同じパターンでコーデするのはつまらないので、季節や、
その時の気分など、色々考慮して、あーだこーだと楽しんでいます。

工夫すること自体が好きなんです。

ちなみに、9月はこんな風にコーデしていたのですが↓

image

バランスが悪くなりました。

ボトムスをこの時はどう着たらいいか試行錯誤で、
下げて履いてしまい、ボリュームが出過ぎて着太り感MAX。
短足にもなっています。

これは上重心の人が、下重心のファッションをした失敗コーデ
ということでここに載せておきます^^;

下重心ファッションをする際は、↑こうならないように↑
バランスを見なければならないですね。

さて、前回の失敗を活かすべく、わたしが今日、

コーデで気をつけたのは

「パンツを腰で一折りする」ということでした。

IMG_6408

するとバランスがよくなりました。

前回は、ウエスト位置を下げて履いて失敗しました。
なので、今回は、ウエスト位置を上げて履いたというわけです
(ウエストはゴムです)。

ウエストを折って履くのは、上重心の人がフレアーのボトムスを
履くときに使えるテクニックです。

ウエスト周りの広がりや、全体の長さを調節できるので、
おすすめですよ★

こういったことを、鏡で研究したり、写真を撮って
客観的に見たりして、「次回はああしてみよう」なんて
考えながら組み合わせています。

ただ袖を通して似合ってしまう服というものは、この世には
ないと言っても言い過ぎではなく。

なにかしら、必ず工夫して自分に似合わせて着ています。

その研究にゴールがあるとすれば、自分が気に入るかどうか
他人にどう思われるかということは考えません。
(自分の感覚を信じているからですが)

もっというと、この日はデニムとその辺になるパーカーを着て
外出してもよかった用事で、でもどうしても今日は
このキュロットがよかった。

この歳になると、もう人はそんなに私を見てないって
わかるし、だからおしゃれって、ほんと自分の満足の
ためにしているんだなあと思いましたよ。

味付けと一緒で、その時その時で「いいかな」と
思うものは違うので、いかに今の気分に合わせるか、
をやっています☆

それに、私は今日のこのコーデがすごく好きです★

Tシャツ(ザラキッズ)も、パンツも、かばんも、
ピアスも、本当に大好きな服ばかりなので!

好きな服はテンションが上がります。
本来似合いそうのないアイテムでも、着ていて楽しい服なら
なんとかして着こなす(お直しも含めて)ことを考えています。
(もちろん、どうやったって着られない服もたくさんありますが)

自分の体型などの「現実」は見る必要はありますが、決めつけ
たりて、自分で自分の範囲を狭めるようなことはしたくないなあ
と思っています。

きょうは、普段私が何を考えてコーデしているかと
書いてみました。

参考になれば幸いです~

ミ☆参加者募集中☆彡
自分を表現できる銀座ショッピングセミナー
10月22日(土) 12:30から 定員4名 残席1

>>皆さまのご感想はこちら
>>詳細はこちら
>>参加フォームはこちら

image

価格:9800円 ヘアスタイルアドバイス&下北美容院紹介+800円
参加資格:雑誌に載ってるファッションってなんかな~…と思っている女性。

お問い合わせ

もし診断を受けてもオシャレになれてない!と
思っているなら

無料のこちらをどうぞ