こんな製品はもう買うのはやめよう。何気なく選んだそれってほんとうに大丈夫?2

何気なく手に取ったり、

選んでなくてもついてきたりする

動物の毛。皮など。ファッションに消費されている動物に

ついて、ファッション好きだからこそ調べてみました。

罪の意識なく選んだそれ、もしかしたらあなたの

思惑とは別に、多大なる犠牲を払って生まれた

商品かもしれません。

こんな製品はもう買うのはやめよう。何気なく選んだそれってほんとうに大丈夫?1

のつづきです。

2.ダウン製品

これも、私も盲点でした。中に入っていると目に見えない

ため、気にしたことがなかったのです。

卵を産み、鳥たちが離れていった巣から、

自然に抜け落ちた羽毛を拾う、というダウンの

採取方法は過去のもので、現代では、

ライブハンドピック(生きた鳥から手でむしる)という

やり方があるようで、ハンガリーはダウンのための

アヒル飼育が盛んです。

down-jackets-1281699_640

生きているアヒルの羽毛をむしり取り、また生えてきた

所をむしる作業を3~4回繰り返したあと、更に

そのあとフォアグラの強制給餌に回す場合もあり、

あひるを虐待して作られることが問題となっています。


参考元(画像ありやや閲覧注意)

そういった批判の声をうけ、たとえば

パタゴニアは健全な動物福祉を保証するために、
パタゴニアのダウン製品がトレーサブル・ダウン100%を使用
していると宣言しています。

H&Mやユニクロもそういったラウンドピックされたダウンは

使用せず、食用に死んだアヒルの毛を使用しているそうです。


H&Mのリンク

 


どうぶつに優しいファッションメーカーを集めてみた

Naverまとめより

こういう悪質な方法をなくすためには国が規制する

しかないと思います。そのためにも、みなさんが

実態を知る必要があるのです。

私も夫も寒がりでダウン購入済で、

羽根布団も毎日使っています。

少なくとも無メーカーの、出どころが

わからないダウンは選択肢から外すことが

できそうですね。

代替品はプリマロフトやシンサレートという繊維で、

若い人たちは知っているみたいでツイッターでも

「プリマロフト」という言葉がファッション用語として

つぶやかれています。


【プリマロフト】ダウンに替わる新素材

アウトドアメーカーから順次出ているようですね!

index_pic_01

画像元:プリマロフトとは
http://www.d-breath.co.jp/primaloft/index.html

今後の経済動物の扱いについて

もちろん、科学技術の発展と共に、代替品で

全て賄い、ホンモノは淘汰される必要があると

考えます。そしてさしあたってホンモノには

消費者にわかるように表示し、選択できるように

すべきです。

段階的な措置として、ダウンであればあひるは現在

食用されていますので、その二次使用を徹底すること、

それも殺した後に獲れる分だけとし、

生きてる間に毟らないことが必要です。

生産性が落ちるのならば、価格に反映し、

消費者も納得して買うことが求められます。

ファーに関しては、ミンクやイタチ、テン、

チンチラ、うさぎ、きつね、犬猫など、

明らかに「それ用」に動物を殺して利用して

いることが事実なため、私たちが声を上げて

「いりません」と主張する必要があります。


毛皮を売らないメーカーリスト

 

もともと毛皮のコートをファッションで着ていた

文化のあるアメリカやヨーロッパでは、もうずーっと

前からファーは嫌われていて、日本じゃこんな

街中に安価で毛が溢れていることに、とても

眉をひそめますね。

rabbit-1158594_640

もちろん、誰でも名前を知っている有名な

メーカーやブランド、例えばユナイテッドアローズ

や、トゥモローランドをはじめとした、ほとんどの

駅ビルに入っているお店にたくさんの

ファー商品が販売されていますし、日本の

ファッション誌にはなんの悪気も考えもなく

それらが掲載されています。

また、仮に同じ駅ビル内のショップの中にノーファー思想のアパレルメーカーが

あるのだとしても、日本は主張をしないですね。言えばいいのに、と思うのですが。

かくいう私も、ついこないだまで店舗のカラクリに

はまり、手軽にファーを勧めたこともあり、今は

深く反省しています。

消費者が賢くならなければ、ということばは言い古されているかもしれませんが、これ以上の

ことばはいらないなあと思っています。

動物への配慮が流行したり社会的なステータスとなって、

価格に反映される世の中になって欲しいですね。

(日本の化粧品メーカーも「動物実験フリー」とか

もっとアピールすれば売上上がるのにね。)お読みいただきありがとうございました。

関連記事

この牛乳なら牛さんにも環境にも私達の体にもやさしいです(まりあの食ったもん)

家畜のと殺や処分の際の苦痛を減らす努力のこれから(まりあの食ったもん)

もし診断を受けてもオシャレになれてない!と
思っているなら

無料のこちらをどうぞ