紺だらけの退屈コーデを白と赤でメリハリつける!カジュアルコーデのコツ

カジュアルコーデというのは、
キレイめと何が違うかというと、

利便性 だと思います。

利便性とは、

動きやすさ・温度調節・着心地

などですね。

利便性をどれくらい求めるか?
見た目をどこまで犠牲にするのか?

そこが、いわゆるセンスと言われている
ものなんでしょうね。

基本的にカジュアルスタイルが
サマになりやすい骨格タイプもありますが、
私はすべてのタイプの中でも
カジュアルスタイルが最も苦手な
骨格タイプです。

カジュアルスタイルのコツのコツ

コツは、

  1. 色で遊ぶ。(揃える、カラフルにするなど)
  2. カタチにこだわる(絶対にこだわる所と諦めるところのバランス)。

です。

image

いつもの紺のアウターと、
いつもの紺のブーツ。
それに、ユニクロキッズの中綿
ズボンです。

この中のアイテムで、体型に特に
合っていないのは、中綿パンツです。

2番の、カタチにこだわれない部分が、
パンツです。

私は膝下が細いので、膝下が細く
ならないユニクロのパンツは苦手です。

しかし、《暖かい・安い・サイズがある》
となると、アウトドアや遠足に履かない
手はありません。

でも、そのまま履いても似合わない。

どうするか?

といったときに、
似合っていないパンツに人の目を
向けさせないために、配色に
こだわること
にしました。

短所は、別の長所でカバー!

なのです。

image

紺の・似合う赤・白の配色は
誰にも嫌われない王道配色ですよねー。

赤が顔に強すぎる人は、白の面積を
増やす。
(白ニットに赤のポイントがあるものなど)

赤ではなく、薄いピンクやオレンジに
するなどの逃げもいいですねー。

ま、これも寒くてジッパーを締めてしまえば
見えないのですが…(^_^;)

そういった場合は、いっそ
帽子やリュックに赤を使ったほうが
いいのです。

私は、このコーデにそこまでの
思い入れがないので、やりませんが。

カタチにこだわり、諦めるところと
こだわるところのメリハリを作る、は、

私の場合、骨格ストレートなので、
胴が短く詰まって見えるので、
トップスの丈にはぜったいにこだわって
います。

膝下のもたつきは似合ってないですが、
テーパードラインは死守することにして、
なるべく、すっきりみえるよう、
ブーツもボアの中でもほっそりした
デザインを選んでいます。

もこもこしたアウターは着ません。

「暖かくて着心地の良いパンツで
歩き回りたい」を叶えるために、
似合わない要素は、パンツのダボつきに
留まるようにし、あとはなるべく似合う
要素でまとめていますよ。

あなたも、あなたのカジュアルの鉄則を
知りたくないですか?

その機会に使ってね♪↓

*各セミナーのお知らせ*
>>カタログセミナーの詳細
日程:3月11日←あと3名、4月16日
>>ショッピングセミナーの詳細
日程:3月20日←あと3名、4月27日

114 (2)


動画も撮りました

※画質が悪い場合は右下の歯車ボタンを押し、クオリティーをAutoか1080pに変更してくださると改善されます。

※右下の四角いボタンを押してフルスクリーンで見ると画面が大きくなります。

ニュースレター講読コンサルについて
予約可能日お問い合わせ
ご予約アクセスQ&Aプロフィール

“パーソナルスタイリスト部門”第一位♪

一日一回のクリックで応援してくださいね。

ニュースレター02

achtung03achtung02

 

8842d4efマンツーマンコンサルティングでファッションの悩みを解決しよう

◆三日間コース(1年間有効)
宝石のアイコン1全6時間+メールアドバイス 49.800円 >>詳細はこちら

◆一日コース
宝石のアイコン12時間+メールアドバイス 19.800円

 

※頂いたご感想は、プライバシーに配慮し、
掲載させていただくことがあります。