骨格どおりの服着ていてもしっくりこない、その原因とは??

“骨格ナチュラルだから、オーバーサイズめで。”

「でも、そのとおりにしてるのに、
なんかヘン…」

じゃあ、一体なにが間違っているの??

キラキラ_20170915_204215

オーバーサイズにも限度あり

比較的どのサイズを着てもサマに
なりやすい骨格ナチュラルタイプ

ですが、

限度はあります。

「オーバーサイズ」と聞いて、
わざわざウエストがガバガバの
魔違ったサイズのパンツを履いて
しまっては、元も子もないのです。

「オーバーサイズシルエット」と、
本当の「オーバーサイズ」は、
似て非なるもの、なんですよね。

先日も同じことを、LINEアドバイスで
お伝えさせていただいた案件が
ありましたが。

ふんわりシルエットも、
ドロップショルダーも、
骨格ナチュラルさんの
得意分野ですが、

服のサイズが体より大きすぎる
当然ですが本人とズレが生まれますよ。

ちょっとずつ小さくして、
PhotoGrid_1505476288619

最終的にハマったのは、
三号〜五号サイズでした。

これにはご本人も口をあ〜〜んぐり。

「こんなお店、入ったことすら無かった」

「私が五号なんて……
信じられません❗❗」

でも、意外とそういう人、結構
いらっしゃるんです。

街歩いてても目につきますよーー

「あ〜〜〜、せっかくおしゃれ
頑張ってるけど、
服のサイズ選びできてないなーー
(-。-)y-゜゜゜」

そういう女性たち。

多いです。

あなたも一度見直さないと
このさきもずっとヤバいおばさん状態
抜け出せないかも??

“パーソナルスタイリスト部門”第一位♪

 

 

一日一回のクリックで応援してくださいね。

 

ニュースレター登録03
achtung03achtung02
※頂いたご感想は、プライバシーに配慮し、
掲載させていただくことがあります。