近いけどヘタな美容院と、遠いけど上手い美容院

もう長い事同じ美容院、同じ美容師さんにお世話になってる、という方は実に多いです。

あなたもそうなんじゃないかと思うのです。

でも・・・お話を聞いていると、

じつは

「あんまりヘアースタイルを気に入っていないんです。」
  と吐露してくださいます。

Y様(40代)もそうでした。

Yさんは、10年はおまかせで同じところで切ってもらっていらっしゃいました。

美容院をいっそ変えてみては?とのお話で

Yさん

「できれば、近所のその美容院に行き続けたいというのがありまして・・・」
私「そうは言うけれど、

『この仕上がりだったら、多少遠くても価値があるな!』と
 感じる美容院があるかもよ?」 

 Yさん「・・・」

  私「だって、Yさん、習い事をしに週一回は必ず二時間かけていらしているのですよね?」

 Yさんは、他県よりお勉強をしに出かけておいでで、
いらした際には朝のクラス、午後のクラス、夜のクラスと、
精力的にご参加中だったのです。☆

Yさん
「・・・!たしかに、わたし、遠くても行くときは行ってますねーーーー!」

  私「それに比べたら、美容院なんて、せいぜい月に一回かな?」   

Yさんのお顔がにこやかになりました。
 問題は、「美容院が遠いこと」ではないのです。 

 そこまで、美容院に比重を置いていなかった今までと、

たかだか髪を切るってだけのことに、
遠いところまで通うっていうこれから
行動の変化に戸惑われるのですね。

”気に入らないヘアスタイルと長い事仲良くしている。”

この事実を前にして、

何を優先するか?  そこと向き合う必要がありますね。   

「ずっとヘアースタイルには頓着してこなかった
 (洋服や、カラーには気を使ったのに)」というYさん。  

『この髪型って・・・?』と疑問を感じることもあったけど、

「まあいっか」と 深く追求してこなかったと、
気づかれました。

それでふと気がついたら、髪の色が明るすぎていて、あれ?

梳きすぎで、あれ??

時々過去にも人から指摘されることがあったのだそうです。

長い間通っていた心地よい関係の築けている
美容院を変えるのは、とっても勇気のいる事ですよね。

でも、仕上がりに満足いっていないのなら、

お金と時間を割くのは、どんなメリットがあるからなのでしょうか?

一度、じっくりと考えてみてもいいかもしれませんね♪

beauty-2190682_640