コンサル&セミナ―空き状況はこちらをタップ

あのピンクはある種奇跡的な出会いだった!驚きとわくわくのショッピングセミナー!

8月25日の銀座ショッピングセミナーには、30代前半の女性K.S.さんがレッスンを受けにいらしてくださいました!

8月・・・いつの話だ・・・汗。もう、サイトのお引越しの頃は記事の更新まで手が回らず、今すごく申し訳ない気持ちで二か月前の話をしています。。。すみません! でも、気にせずどんどん上げていきたいと思います。

 

明後日10月28日銀座ショッピングセミナーに参加されたい方はお早めにご連絡くださいね。

いやないでしょ、え?!アリだわ!!!なカラーとの出会い

「えーーー!こんなピンクですかぁ!!??」

そんな驚きと戸惑い?の声で、とにもかくにもまあ着てみようと着てみたら・・・

「意外とアリ!!!」
「こんなの手に取ったことなかったけど、悪くないじゃん!!」
「せっかく背中を押してもらったし、着てみようかな・・・★」

そんなふうに思っていただけるのがファッションレッスンの楽しいところですね!
30代前半のぽっちゃりめ女子さんにいらしていただきました!

30代前半のSさんは独り暮らしをされてから、ファッションをもっと楽しみたいな~とお感じだとか。
独り立ちすることで、よりまわりの目を気にせず自由に装えるってありますよね!
そういう波が来た時にスッと乗れると、30代後半がかなりラクですよ♪^^

色が本当に白くって、髪の毛もふわふわでキレイ♪♪パーソナルカラーはイエローベース(スプリングタイプ)のようでしたが、ものによってはブルーベースの色もすごく似合いそう!と思い切ってご提案したピンクのトップスが、Sさんは大冒険だったそうです!

ビフォア:落ち着いた色味で動きやすそう。今どきの若者という感じで日常着としてアリですよね。

アフター:う~~ん、幸福感?女子力?なんだか、話しかけたら会話が弾みそうな、何事にもポジティブにチャレンジしそうな性格?男性からのウケも同性からのウケもいいかな?彼氏募集中なら絶対アリですね!

お悩みはこちら

はじめましてこんばんは。

ネットサーフィンしていたところ、こちらのブログを拝見し、ちょうど募集されていたので清水の舞台から飛び降りる気持ちで恐る恐る応募させていただきました。

 

雑誌を見ても『痩せてから出直していらっしゃい』と言われている気分になるうえ、試着してもなんかしっくり来ず……

 

でも自分が好きなテイストだったのでなんとなく着ている、下手すると箪笥の肥やしになっている、という勿体ない状況から脱却したいです。

 

折角一人暮らしを始めてどんな服を着ても誰かに何か言われることがなくなったので、これを機にちゃんと『他人から見た時の自分』を意識出来ればいいなと思っております。

 

どうぞよろしくお願い致します。

あぁ・・・雑誌って、そうですよねえ。

“ 王道  正常 から漏れ出た人はダメです  そんな無言の同調圧力を感じてしまうのも、当然だと思います!

でも、ぜったいそんなことないんですよね。あるはずがないんですよ。^^

そこに気づかれて、お一人になられたことを機に、行動に移されているSさんの未来はとっても明るいですよ!!

 

まずは肌色がキレイに映るトップスから

女性らしさを感じさせるスタイルはあまり普段されない、ということだったので、どうかなとお選びしたトップス。

スカートもトーンを抑えて柔らかい色味にすると、Sさんの色の白さが引き立ってオシャレでかわいいかなとおススメさせていただきました。
(ちょっと色が飛んでしまって分かりにくくてすみません)

ストライプからボーダーに変えて上重心に見せる

同じモノトーンでも、縦縞から横縞に変えると重心が上がってキュートな印象となりアカ抜けますね。

流行りのドロップショルダーもこなれ感が出て・・・二の腕をカバーこそしてくれますが、太って見えないでしょ!

ドロップショルダーNGはもう迷信
たくさんの方が「ドロップショルダーはダメだとおもってた」っておっしゃるの。

そんなことないよ。もうそういうの、古いかも★

とろみシャツも全然OKですが、少しメンズっぽくなるというか、縦の空きが若干気になるというか。

その点、コンパクトなVネックでボーダーにして、目線を下げさせない服選びにすると華奢さを演出できるかと思います^^

ボーダーについてはつい先日も取り上げたばかりです。

こちらも参考にしてみてね!

自分に似合うボーダーの見つけ方 低身長アラフォーだけどワイドシルエットを取り入れたい:ボーダーとデニム

私って骨格ストレート?ウェーブ?どっちなの??

ちなみに私の骨格診断ではウェーブタイプ。でも前回受けた骨格診断ではストレートタイプだったそうです。

骨格診断の見立ってけっこう割れますよね。
先生たちの見てる場所も違うし、「こうなるとオシャレ」と思っている美的センスも診断する人それぞれ違うので、割れても仕方ないのかなと思います。

でも、色々言われたら戸惑われるお気持ちはものすごくよくわかりますよ!わけわかんないですよね!!

2つ以上言われちゃったって場合、正解を探すというよりも、「割れるということはどっちもファッションとしてアリなんだ」という部分を持って帰っていただけたらなと思います。

※ ちなみに診断歴の長いベテランの先生=診断が合ってるってわけでもなく、受けた時、その先生の方が言い切ってたからそっちが正解ってわけでもないです。

本当に間違っている場合もあるけれど、8割は「どっちともいえる」場合がほとんどなのかな。

結局、外見をタイプ分けするっていうのはファジーにならざるを得ないので、こればっかりは自分で探りながら納得できる自分なりの答えを見つけていくほかないのかな、と思います。

ヘアスタイルのご相談

下北美容院紹介もご希望いただいたので、Sさんの髪質やこれまでの(失敗された)経験を踏まえて、ヘアスタイルについてお話しをしました。

「あんた、やだって伝えた、そのありえないってアタマに今、したね!?」

美容師さんに思わず、そう訴えたくなるような経験されてる方、いらっしゃいますね。

どうコミュニケーションを取ったらいいのか、お客さん側で出来そうなことはやっていきたいですよね。

まりあさんのアドバイスは聞き入れるべきだと改めて思った

写真、ありがとうございます!
ピンクのニットはご提案いただいたときに『色としてはすごい好きだけど自分で着るのは難しい色だな』と思ったのですが、写真でみるととても映えますね。

これは買いの1枚だなと改めて思いました。

着方……試行錯誤頑張ってみます。
ちょっと変えるだけで印象違って見える、というのがすこーしだけわかったので、他の人の目や手も借りつつ、最終的には自分であれこれできるようにトレーニングしたいと思います。


あのピンクは私のなかではある種奇跡的な出会いだなぁと思います……!

美容室ではもっと切実に訴えていこうと思います……!

自分のなかで『これだけはやめて』のラインとしてお伝えしたのに、眉上でばっつり切られたのがいまだに根深い傷となってますが、もしかしたら伝え方が足らなかったかもしれませんし。

まりあさんのアドバイスは聞き入れるべきだと改めて思った

―上から目線に聞こえてしまったらごめんなさい、自分で普段選ばないから着た直後は『そうかな?』でも、写真に残していただいて何度か見ていると『せっかく好きな色だし挑戦してみよう』と思えたので―

またお買い物ツアーなど参加してもよろしければ是非参加させてください。 ありがとうございました!

上から目線だなんてちっと思わなかったですよ!嬉しいご感想本当にありがとうございました!

私も何度も何度も何度も何度も…経験があるのが、

その場で見てもイマイチ。家に帰って写真を見てみてもイマイチ。でも三日たったら突然「アリ!」と思える日がやって来るのです。

一度こんなこともありました

三日経って見てもイマイチ。

でも一か月後、ゴミ箱フォルダの中整理してるとき、偶然見てみたら

「あれ!?似合ってるじゃん!なんであの時あんなに違和感感じたんだ!!??」

みたいなことまでありました。これはレアケースですけどね。

 

さいごに

とまあこんなわけで、「いやあ、ナイよね!」ってこれまで手にすら取らなかったものが、意外によかった、新境地だった、劇的だった、というご感想は良く頂戴していますが、私も実は常にそんな感じで、

いかに自分(主観)で人は思い込んでいるのか

に気づかされるわけです。

みなさんのチャレンジを一緒に体験させていただきながら、私も自分が自分の殻にとどまってしまわないよう、元気とエネルギーをいただいています!

Sさんの軽いフットワークと明るくて社交的なキャラクターで、見た目も内面もますますフレッシュに、イキイキと華やかになっていってくださいね!

この度はお越しいただき本当にありがとうございました!

明後日10月28日銀座ショッピングセミナーに参加されたい方はお早めにご連絡くださいね。

 

同じタグの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です