コンサル&セミナ―空き状況はこちらをタップ

骨格ストレート✕ウェーブミックスアラフォーコーデ解剖

これまでずっと骨格ストレートでやってきましたが、

経年変化で、自分のことをウェーブとのミックスタイプだと感じるようになってから、着こなしが激変していきました。

世の中には、私と同じように、ミックスタイプの方はたくさん存在すると思う!

骨格タイプは一生変わらないって理論上はそう言われているけど・・・

子供の頃からスポーツをやっていた人がスポーツをやめて筋肉が落ちたら違う骨格に見えたりすることはあるし、変わるとか変わらないって、自分がどう見るか?でも変わりますよね。

まあこの話は改めるとして・・・

とにかく

“○○タイプ” と一度ハンコが押されていると、なかなか自力で診断結果自体を変えることは、難しいですよね!

今日は、「ミックスタイプってのもあるんだ!」ってことを知っていただけたらと思って書いていきますね。

というのも、多くの方がファッションを決めつけたまま過ごしているから。

学校のテストの正解を丸暗記するみたいに、

「骨格ストレートは、Vネックが似合うと言われた」と、ファクターだけ暗記して選択肢を狭めていたり、

「ウェーブってこんなフリフリ着なきゃだめなの?」と、テイストを決めてしまっていたり、「ナチュラルはグズグズな服よね」と、部屋着みたいので良しとしてしまったりしているから。

骨格診断てあくまでも体型の特徴を決めるもので、ファッションスタイルの提案をするもの。

ファッションテイストまでは決まらないので、そこは個々の好みに落とし込んでしまっていいのです!

わたしも、決めつけないことから始めて、今の自分がハッピーになれるものを探した結果、結果的に診断タイプが動いたのです。

決めつけないってところが、本当に、大事なので、今日はそこを感じてもらえたら嬉しいです♥

ではやっていきましょう✨🎉

骨格ストレート✕ウェーブのミックスコーデのコツ

なんかまたごちゃごちゃつけてますが^^;

私が意識してるのは次の二点。

  1. レイアウトは骨格ウェーブにすること
  2. 端々に骨格ストレート要素を盛り込むこと

骨格ウェーブのレイアウトって?

簡単に言うとパンツはハイウエスト(低身長だからってのもあるけど)、ゴムでAラインのもの。

※ こんなようなもの

トップスはインする(でもこれは、今年のトレンドコーデだからってのもある)。

Vネックではなくてラウンドネック。

あと、こじつければショートブーツはウェーブとか、ベレー帽はウェーブとかも言えます。

が!そこまで骨格では決めつけられないかも!

ショートブーツなのは、そのほうがバランス的に合うから。

ベレー帽は骨格が〜っていうよりも顔に合ってるからの方が大きいかな。

私は顔のパーツがマル◯が多いので、曲線のベレー帽がしっくり来やすいんです。

でも、そこまでいくと好み⭐だとあたしは思う(^^)

骨格ストレートの要素って?

骨格ストレートの要素は意識してるのは次の二点。

  1. ピアスは縦長(首を長く見せる効果)
  2. 首回りはすっきりさせる。
  3. 腰回りにギャザーが入りすぎないモノ
  4. 前を縦に開ける

私は首が短くてお尻周りの立体感があるから、ウェーブの人の典型的なアイテムだとどうしても着ぶくれ感が出たり、首が埋まって見える(笑)

から、やっぱりストレート要素も着こなしには必要!

あとは、ここ一番変化したとこなんだけど、自分が低身長であることを許したんです。

低身長で小柄だと、Sサイズ着ても全体的に縦の長さが余るのでチビ感がマックスに!

去年までは絶対ありえないと思ってましたし、お客様にも小柄な方には

ぴったり合うサイジングで服選びしてましたが、そこが一番変わったとこかな。

まとめると

自分に許した事

  • 多少服がおっきくてもOK!
  • オーバーサイズ流行ってるし低身長だからこそのバランスで着ればOK!

ヘアメイク(顔回り)はこんな感じ

顔色死に色のブルゾンを買っちゃったので、ブローチしまくり、

ピアスしまくり、メイクしまくりで、トップスの影響を受けないようにしています★

(ブローチは一個で良かったなと思ってる・・・(^^;))

さいごに

自分の持ち味を、嫌うのも人生。好きになって活かすのも人生。

みんなは着てても良いって思ってるのに、自分はなぜか、着ちゃダメって思いすぎ!

ってことに気がついてから、どんどん着るものが自由に豊かになっていきました♡

次はあなたがファッションで自由になる番かも!??

同じタグの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です