コンサル&セミナ―空き状況はこちらをタップ

服のサイズが見つからない!4Lサイズで50代のおしゃれ

久しぶりに、レポートOKの受講生さまがおいでくださいましたので、lessonの模様をお伝えしますね!

新潟県より、55歳の女性Nさんがコンサル三日間コースにいらしてくださっています。

え!?こんなに着れるものあるんですか??の連発でした

何十年も、わたしはサイズが大きいから(170cmオーバーで4L)着れる服はない!と思っていました。

でも、レッスンを受けてびっくりしました。

今でもまだ、信じられません。

これまで何十年と、ないと思い込んで来ただけだったんですね。

 

試着するたびに「へえ~~~~!!」

「わあ~~~~~!!」「着られるんだ!!!」

「すごい・・・!鳥肌が立っています!!」

「感動で、胸がいっぱい・・・(≧へ≦)!」

本当に大きく気持ちがうごきましたね!

サイズに捉われて服を選んできたこれまで

Nさんの服の選び方は、こうでした

  • 3Lか4Lの服だけを見る
  • それらが売っている専門店だけを訪れる
  • それ以下のXXLなど入るわけがないから見ない、お店も行かない
  • 黒紺グレーしかぜったい着ない

でも、レッスンを通して、普通のお店でも3L相当の服を見つけるコツが分かりましたね!

4Lでないと入りません!も本当ではありませんでした

レッスンとレッスンの間にはラインでいろいろ、打ち合わせをさせていただきます。

次回、どんなお店に行こうかと色々なお店を提案していたところ、いずれのお店もNさんは却下されました。

「XLでは小さすぎますので…zaraなんてとてもムリだと思います。」と、たくさんのNOが返ってきました。

ですが、そんなことはないはず、と色々試着しながらサイズを見させていただいたところ、やっぱり、ZARAでも着れるもの見つかるなと思ったのでお連れしたところ・・・

ワイドシルエットのモノの中から、Lサイズも問題なく着られましたね♪♪

必ずしも、最大サイズでなかったNさん

色ものへの抵抗感を払拭する

次に色使いについてです。

Nさまは、私がこれまで書いて来た、

ファッション(色)と女親との関係についての記事を読んでくださってて、ご自身にも心当たりがあったそうです。

色ものって、どうしても母親が拒んできていると、それを受け継いでしまうんですよね!

Nさんマイベスト♥なニットがこちら

このマゼンダカラーをとっても気に入ってくださいました。

じつは、N様、この日は試着に乗り気ではなく、洋服も見ている場合ではない・・・!とおっしゃっていたのですが、あれも着れますよ、これも着れますよと、試着室へお連れするうち、どんどん、どんどん元気になられていったのがとても印象的でした。(⌒∇⌒)

色を身につけると、望んでいなくても 自然と元気になってしまうんですよね♪[/memo]

ホワイトすら、身につけられることがない、とのことだってので、普段用にホワイトもチョイス。

そして、念願のワイドパンツ!しかもカーキ色!もトライすることができました!

カーキって履いていいの??どうやって合わせるの??とたくさんご質問いただきました(^▽^)/

試着室が混んでいて、このお店ではここまでしか試着できなかったのですが、他にもウールのグリーンのワイドパンツなども本当に素敵でしたね。

こちらのマゼンダのニットとカーキのワイドパンツをお求めいただいたそうです!

高身長・秋に羽織れるジャケット探し

羽織りものがほしいとおっしゃり、15号サイズで見つけたのがこちら

重心が上がるとキュートな印象で、とってもかわいいですね!!

袖を捲くるだけでとてもオシャレになりました。

骨格診断×パーソナルカラー

Nさんは、骨格診断うんぬんよりも、カラダのサイズをどう見せるか?の方がずっと重要な方ですが、ファッションは骨格ストレートにすると大柄が目立ち、女性を超えて男性に見えてしまうので、ウェーブのコーデの作り方を意識すると良いと思います♪♪

ちなみにパーソナルカラーはブルーベースのクリアタイプです!

少しメンズライクになりすぎる場合は、こんな優しい色のストールを合わせるのもアリ

こちらのお色、Nさんは人生初!

また、ストール一つで見違えることに深く、深く、ふかーーーーーく見入っておられて、ひたすら感心しておられました^^

服がない、という思い込みと向き合う

レッスンで、沢山のお洋服との出会いがあったNさん。

「これまで何年も、私に合うサイズの服はない、ない、と思って、見もしなかったんだ…」と、衝撃を受けていらっしゃったNさん。

その思いに出会えて、本当に良かったですね!

たしかに、そうでしたね。レッスンを受けなかったら、ずっとそのまま、自分のことを偏狭なまなざしで見続けてしまっていたでしょうね。

わたしも去年まで、低身長で骨格ストレートの自分に合う服のサイズがない、ない、とずーっと思ってきたので、その気持ち痛いほどわかります!

さいごに:Nさんへ

じつは、服はない、と思い込むと、ない(見つからない)んです。

逆にいえば、服はある、と思い込むと、見つかるんです。

  • 自分のどこをどう見るか?
  • 自分の作って来たタブーをどれだけ打ち破れるか?
    (母親から「こうよ」と思い込まされて、いつしか自分に禁止してしまったファッションをどれだけ自分に許せるようになるか)

これが、” 着られる服が見つかる世界 ” に行ける唯一のカギです。

Nさん、掲載のご承諾、本当にありがとうございました!

来週のレッスン3日目も、どうぞよろしくお願いいたします★

本日もお読みくださりましてありがとうございました。m(__)m

今後とも、おしゃれ迷子相談所をよろしくお願いいたします!!

同じタグの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です