コンサル&セミナ―空き状況はこちら

どう思われるかを気にしないということ

こんな格好したら変かしらとか

こんな色着たらなんて思われるかしらとか

人のこと気になって

ブログやSNSで発信できないな〜とか

顔出しバンバンできててすごい!

とか、

人に何か悪く思われたらどうしよう…

は、

いちばんどうでもよいことかもしれません。

相手の受け取り方までは面倒見きれないというか、その人の課題だからねえ。

強い感情。

マイナスな感情は、持つ人は何したって持つし、

それってその人の問題だからね。

こっちはなにもしてやれんのです。

例えば、誹謗中傷とかさ、ネットだと、ユーチューブ上げると必ず低評価押す人とかさ。

猫の可愛い動画にすらついてるからね!
あるいは、家族に言われた一言。

それくらいは気にならないと言う人もいれば、

え!?あり得ない!もっと怒った方がいいよ!なんて人もいて、

何にどれくらい反応するかはもう、

人それぞれです。

イラッとくる一言には、その人の

  • ああするべきこうするべき
  • こうなはず、ああなはず

があって、その傾向は、

その人の育ったところで触れた大人たちの生き方や発言からの影響や、生きてきた軌跡の積み重ねで、できあがったものですから。

イライラすることが多い人は、人からたくさんイライラ要素を見出す能力が身についちゃっていて、

大変だな〜と思うけど、

それも、その人の選択なのよね。

そこにいよう、って、決めてるからね。

「あの人のせいでイライラしてる!」

じゃなくて、自分がそこに反応してると考えないと前へは進めません。

人生を自分の足では生きられません。

目立つものを叩くとかさ、足引っ張るのは自分の中の抑圧を見たくないからじゃん?

こんなに我慢してるんだから足並み揃えろよ、とかさ。

それって、目立ってる人のせいじゃないじゃん。

相手にキーってなってる時間あるなら、

ユーやっちゃいなよ🌟🌟

ってことなのです😄

オシャレに遠慮はいりません。

誰かのお伺いもいりません。

ただ、自分が機嫌良くいたいから

楽しいから面白いから

ドキドキするけどワクワクもするから

で、いいんですよ♥♥


同じタグの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ご予約は
こちら
ご予約は
こちら