8月17日~22日はレッスンお休みです。それ以外でご相談ください。

トレンチコートは何を買えばいい?失敗しないトレンチコートの選び方

トレンチコートの季節がやってきました。

大きいお買い物のため、失敗したくないですが、どれを買えばいいの〜??

今日はトレンチコートの選び方をやります!

Aラインになっているものとか、今年は後ろにプリーツがついてるものなどが出ていますが、

やはり皆さん、一枚は持って置きたいのは基本のザ・トレンチコートじゃないかなと思います。

今日はそんな定番中の定番のオーソドックスなトレンチコートの選び方を教えます!

その1 .サイズ感が合っているもの

トレンチに限らず全般に言える事ですが、サイズ感が一番重要かな。色よりも大事です。

「肩の幅が合ってるもの」ってよく言うけどサイズ感は肩だけじゃない。腕の太さ、胴回りの太さなどシルエットを確認しないと着られている感が出ます。

低身長の人は特にここに気をつけて欲しい↓

コートと身長のバランス

似合うコートと身長は関係が深いです。普通身長の方はあまり気にされなくてよいかと思いますが、特に低身長の人は、コート寸法とと自分のボディの寸法が合ってないとコートが大きく、着られてしまいます。

低身長については後半に私の着画で解説しますね!

全体のシルエット

まっすぐIラインのザ・トレンチがいいのか、緩やかなAラインを選ぶのかで印象が変わります。

骨格診断でいうと、ウェーブタイプはAラインの方がおススメ。骨盤が横に張っているので、体のラインに合いやすいですし、Aラインの物の方が後で襟やポケットのディテイルなど、後述するようにソフトな印象のものが多いと思います。

骨格ストレートタイプのまっすぐ感の強い方やナチュラルタイプはトレンチ自体が得意なので、なりたいイメージで選んでよいと思いますが、骨格ストレートのソフトな肉感の方は、これから書くような骨格ウェーブのトレンチの選び方を参考にした方がハマりやすいです。

襟の大きさ

襟の大きさでも大分雰囲気が変わります。背の高い人は大きな襟が似合いますが、背が小さい人は襟が小さ目の方がバランスが取りやすいです。襟が大きいものはシャープな印象を

襟の形、ポケットのデザインなど

襟がシャープなのか、角に丸みがあるのか、ベルトのバックルは直線的か曲線もあるのか、などでコートの印象が変わります。

直線が増えればカッコいいイメージに。曲線が増えるとフェミニンさが生まれます。

骨格ウェーブなら少し柔らかい印象のものを選ぶとしっくり着やすいです。

ちょっとした差でも、結構印象の差が生まれるので、着比べてみてね。

ベルトやボタンの位置

ベルトの位置が微妙な差を生みます。もう一度、下の写真をボタンの位置を見るつもりで見てください。

(右上三つはまったく同じコートですが)どれもそれぞれボタンの位置が違うのが分かると思います。

骨格ウェーブなら、ボタンが上から始まってる方が重心を上に見せることができます。

骨格ストレートタイプなら、あまり上から始まらない方が上半身の詰まり感が出ないです。

骨格ナチュラルタイプも基本的に、下の方にボタンがある方が重心を下げられますよ。

さて、次はベルトを見比べてみてください。

左下のコートが一つだけ、ベルトの位置が明らかに高いのが分かると思います。

ウェーブタイプの人はぜひ、ベルト位置の高いものを選んで、上半身をコンパクトに見せてくださいね。

素材感

トレンチ選びで大事なのが素材感。同じようなtheトレンチコートに見えても、ゴワゴワのハリハリなのか、幾分ソフトなのかで、体のフィット感が変わるからです。

骨格ウェーブタイプなら、ソフトな方が着やすいです。もしハリハリ素材を選ぶなら、デザインは曲線的であることが似合いのカギ。

ストレートやナチュラルタイプならハリの強いものでも着こなせます。

ストレートでも、ウェーブぽい肉質の柔らかさをお持ちの方は、ウェーブタイプのようにソフトな素材感の方がしっくりきやすいです。

色も超重要ですね。そもそも青味の色が得意なブルーベースタイプの方は、ベージュが似合わないと感じる方が多いため、面積の大きいコート選びは、慎重に見比べましょう。

◎をつけたのがブルーベースタイプでも比較的違和感の少ない色です。

赤味のあるものや、黄味の少ないグレーに近いものなどがいいでしょう。

パステルカラーのコートやネイビーに逃げるという手もあります。私はベージュではなくグリーンを買おうと思っています。

イエローベースの方は比較的色は選びやすいと思いますが、色味によって印象は結構変わります。なりたいイメージに合う色をぜひ、色々着比べて探してくださいね。

サイズ感検証してみた

私のビッグシルエットを着たコートの着画です。
こちらのコートは私より背の高い人のためのコートです。

サイズ感が大きいのは見て明らかだと思いますが、どう大きいか、を知ることが大事です。

胸の空きが私の体には深すぎるし、丈というより全体が長く長く下がっています。

それに比べて、こちらはビッグシルエットでも似合っています。

全体のダボつき感が全然違いますが、よく見ると襟の高さがこちらの方がありますし、上のコートよりラペル(開衿の部分)の開きが細く、ラペル自体も細いです。すっきりと見えますね。

低身長の人は、ラペルが小さく、縦に深く開かないもののほうが似合いやすいので参考にしてみてください。

袖のリボンも柔らかい印象ですね。今年は袖にリボンがついているものが出ていますが、柔らかさが出ますので、トレンチコートの鋭角さが苦手な方は参考にしてみてね。

さいごに

「ワイドシルエットは似合わない!」「トレンチコートは似合わない!」ということではなく、似合いのポイントを抑えて選べるかどうか、です。

あとはトレンチコートを着たいかどうか。好きかどうか。

今日はオーソドックスなトレンチコートの選び方をお伝えしました。

あなたの特徴を活かせば、トレンチコートは長く着れます。

この時期のトレンチコートのお買い物の参考に、おしゃれ迷子相談所をぜひご利用くださいね。

 

 

ご予約は
こちら
ご予約は
こちら