8月17日~22日はレッスンお休みです。それ以外でご相談ください。

寒がりさんがコーデで気をつけるべきこと

都心は4月でも、急に寒くなって冬コートを着たくなる日があります。

が、さすがに桜が咲いたとかいう話題が出てくる時期にウールの黒いコートはいただけません!

私は寒がりなので、暖かい服装の方には理解がある方ですが、さすがにキツい~~

季節の変わり目に着る明るい色の、暖かいアウターをどうぞ皆さん、ワードローブに加えてくださいね!

私はこんなコートを秋と春に着ています。

秋は黒と。春は白と合わせれば、季節感が出せます。

黒い靴・バッグは秋冬の持ち物。明るい靴・バッグのセットを春夏用に揃えましょう。

ボトムスの色を変えるのも大切です。黒っぽい色は、春には重いです。

こちらの方も、パンツを変えて印象を春に寄せることができました↓

この日はとても寒くて、真冬に着ていた厚手のアクリルニットまで、着ていたくらいだったのです↓

こんなときも、ニットが白いと春先に着て違和感がありません。

(例えば、えんじ色や、深緑色などと比べて、です)

その他、ソックス、靴、インナー、カバン、全て白それも真っ白を選んで揃えたことで、春の寒がりコーデが完成します。

POINT
寒がりの人は、他人から暑苦しいと思われないよう、素材が妥協できない分、色に気を遣うべきでしょう。

書き忘れましたが、さっぱり素材のベレー帽も大活躍しています。

色はやはり白!!これは3月、ウール素材のベレーが季節的にないなと思ったときにすぐ買ったものです。

パステルカラーづかいできてますか?

春の装いはパステルカラーやペールカラーづかいがポイント。

仮にパーソナルカラー診断で、薄い色が似合わないと言われたとしても、ファッション的には大アリですから、取り入れる方法を学んでほしいです。

似合わないと言われたから取り入れない、では、あまりにも思考停止です。

大切なのは、他人に自分のファッションを見て、なんて思ってもらいたいか?

キレイだな、素敵だな、と思われたいなら、その季節にマッチした色味を使うのも一つですよ♪♪

あなたもぜひ、ファッションレッスンで自分の似合うモノをもっともっと深めていってくださいね!

私がサポートしますね!

 

 

 

ご予約は
こちら
ご予約は
こちら