8月17日~22日はレッスンお休みです。それ以外でご相談ください。

おしゃれで優雅な人が羨ましい!ついて行けない!という方へ

白鳥はとっても優雅に泳ぐ、美しい鳥として認識されていますね。

美しいものの裏を今日は暴いていきたいと思います。

白鳥の美しさとは?

白鳥は、水面から出ている部分は確かに優雅で美しいです。

今日、注目していただきたいのは水面の中でございます。

まず、脚ですが、白鳥の脚って黒いんですよね。

そして、泳ぎっぷりはどうでしょう?

表面の優雅さとは対照的に、脚ではがっつりと水中を漕いで進んでいるかと思います。

優雅な姿の裏にあるカオ

白鳥の例えを用いて大崎が何を言いたいかといいますと、美しいモノが作り出されるにあるのは、優雅な作業や涼しい顔ではないということです。

多くの方が、「オシャレな人は元からオシャレなんだ。」

「きれいな人は悩みがない恵まれている人なんだ」と思っています。

でも、こういう仕事をして美しい人を間近で拝見していると、決してそんなことはないんだなーーと気がつくのです。

キレイとか、オシャレ、優雅と、他人に見てもらうために、

相当に黒い脚で水中を掻いているんです。

愚直な積み重ね、地味な行動の連続、必死のもがきとでもいいましょうか?

美容・ファッション関係者は二手に分かれる

白鳥でいうところの、優雅な姿だけをさも真実と思わせる、美容家やオシャレ二スタがいます。

インスタグラマーや、その他イメージを売りにする人に多い戦術です。

”優雅なのは、優雅だからですよ♪”

”毎日、非日常を生きています♪”

”努力なんてしてません。私はそのまま美しいのです♥”

そんな姿は確かにステキで、人を引き付ける力はあるかもしれませんが、

学べることはあまりありません。

対して、水中では脚は黒いんだよと、見せてくれる人や、水中の上手な掻き方を示してくれる人は、あなたに美しい白鳥になるための方法を教えてくれます。

 

本当は脚が黒いところなんか人に見せたくないじゃないですか。

必死に水中を掻いてるなんて言いたくないし、

見られるのなんてもっとイヤだ!!

人にどう見られるか?を気にする外見のスペシャリストなら、余計そう思うはずですよね。

私は後者でいたい

私のスタイリストとしてのスタンスは、後者でいたいなーーと常々思っています。

優雅に泳いでるのが全てです、というのは、本当ではないですよね。

モデルたちが「好きなだけ食べてます」「ダイエットはしていません♥」というのとそう変わりはないのです。笑

そうなんだ~~私もやってみよ~~♥って、好きなものばっか食べたら太るじゃないですか。

イメージだけを売っている人からは、具体的に学ぶことはできないのです。

優雅に泳ぐ方法は、一人一人全員違います。

脚の長さや身体の大きさ、育った環境、顔の印象など、全部違うからです。

あなたに合った泳ぎ方を学んで練習して、水上で優雅な姿をみんなに見せつけてやりましょう!

 

あなたにはあなたの優雅に見せる泳ぎ方があります!

ご予約は
こちら
ご予約は
こちら